若い時のドレスはNG?レンタルドレスでアラサードレススタイル完成!

ぽっちゃりでも可愛く~人気を集めるレンタルドレスの魅力とは~ ぽっちゃりでも可愛く~人気を集めるレンタルドレスの魅力とは~

若い頃に着ていたドレスをそのまま着るのはNG?

花模様ドレス

アラサーにもなると、結婚式の参列も何回か経験し、多くの方がフォーマルなドレスもバックも持っているでしょう。しかし、いざ結婚式の参列が決まって、持っていた結婚式用のドレスを試着してみると、20代前半に購入したドレスだからか、なんだか似合わなくなってきたかも・・・といったことも少なくないはず。そんな悩みを持ちはじめるのも、アラサー女子のドレス選びのあるあるです。

おしゃれコンシャス

毎回同じドレスでマンネリ化してる・・・そんなあなたには、
結婚式のドレスをレンタルできる
サイトがオススメです!サイト上で手軽にドレスをチェックできるのがいいですね!

アラサー女子が悩むドレス選びあるある

うちの近所では20代向けのドレスしか見つかりませんでした(32歳)

会社の同僚が結婚することになったので、結婚式のゲストドレスが必要になりました。ドレスは持ってるけど、実は20代前半に買ったドレスで、鏡で合わせたら似合わなくてびっくりしました!急いでドレスを探さなくちゃと思って近所のドレスショップに行ったんですが、丈が微妙に短すぎたり、妙にガーリーだったりして、20代なら似合いそうだけど、30代の私にはまったく似合わず、結局都内のショップを何件もはしごしてドレスを探すことになりました。お店によっては種類に限りがあるし、年齢に合ったドレスを探すのは難しいと感じました。

ついつい暗い色ばかりを選んでしまい顔色がくすんで見えるのが困ります(35歳)

24歳前後で結婚式ラッシュがあってドレスを購入しました。大人っぽい着こなしがしたいと思ってブラックを選び、友人からも好評でした。ただ、30歳あたりでまた結婚ラッシュがあって、そのドレスを着たら、なんだか顔色が悪く見えて…。でも、ドレスって高いし、鮮やかな色のドレスとか買う勇気もなくて、結局ブラックのドレスを着回しましたが、やっぱり顔色が気になってしまいました。

少しでも若く見られたくて、かわいい系のドレスばかり選んでしまいます(33歳)

今33歳ですが、けっこう若く見られると思っていて、ドレスもかわいい系が好きなので、背中におっきなリボンがついてスカートも胸下からギャザーたっぷりに広がるプリンセスラインのドレスが気に入っていて先日の結婚式もそのドレスで参列しました。でも、その姿を見た友人が「そのドレス、若すぎない?」って…。自分ではまだまだ似合うと思っていたのですごくショックでした。

昔持っていたドレスが似合わなくなる、好みのテイストのドレスだと浮いてしまうなど、アラサー女子は年齢にふさわしいドレス選びに悩む年代です。せっかくのドレスアップであれば、年齢にあった素敵なドレスを選んで、堂々と結婚式に参加できるようになりましょう。

アラサー女子に似合うドレスの条件とは?

アラサーともなると、10代や20代前半のころよりも落ち着いた雰囲気となっているはず。ならば、ぜひその雰囲気を活かしたドレス選びをしていきましょう。可愛さを全面に出すのではなく、露出をおさえた、大人っぽく上品なドレスを選ぶことで、アラサー女子らしい素敵なドレスアップができます。

スカート丈は短すぎない膝丈がマスト
結婚式のゲストドレス選びで注意したいのが、スカート丈です。結婚式の服装のマナーとしては、膝上5センチを超えないスカート丈のドレスを選ぶのが望ましいとされています。ただし、アラサー女子の結婚式でのスカート丈は、膝が出る丈のスカートよりは短すぎない膝下丈がマストです。普段の服装でも、20代の頃着ていたようなミニスカートを30代で着ると、頑張っているイタい印象になりがちです。アラサー女子であれば、膝下のミディアム丈のスカートで上品で落ちついた雰囲気にまとめるのが正解です。多少可愛いデザインのドレスでも膝が隠れるスカートにするだけでぐっと上品で大人っぽい雰囲気になります。
深みのある落ち着いたカラーを選ぶ
アラサー女子に似合うドレスの色は、少し落ち着きのある大人カラーです。ネイビーやワインレッド、モスグリーンなど深みのある色を選べば、華やかさを失わず落ち着いた上品なドレスアップをすることができます。淡い色で選ぶなら、可愛らしすぎるパステルカラーではなく大人っぽいピンクベージュやシャンパンゴールドを選ぶのがポイントです。ただし、光の加減などで白っぽく見えてしまうような薄すぎる色は避けましょう。ベージュもライトベージュを選ぶと白く見えることもあるので、少し濃い目のサンドベージュなどを選ぶといいでしょう。
上品で大人っぽいデザイン
女性にとって、リボンモチーフやプリンセスラインの可愛いらしいドレスは永遠の憧れです。しかし、そういったドレスを問題なく誰でも着れてしまうのは20代までです。30代のアラサー世代で、可愛らしさが全面に出るドレスを着用してしまうと、年齢の雰囲気に合わずイタい印象を与えてしまいます。せっかく大人っぽさや落ち着いた雰囲気が出はじめたアラサー世代であれば、可愛いよりもシンプルで上品なデザインのドレスを選ぶのが正解です。マーメイドラインやタイトライン、Aラインのドレスなど、大人っぽいシンプルなデザインのドレスを選ぶようにしましょう。どうしてもリボンモチーフやフリルなどが好き!という人は、バックラインにさり気なくリボンモチーフが入っているドレスや、裾や袖にさり気なくフリルを使ったデザインのものを選ぶといいでしょう。

年齢にふさわしい自分に合ったドレスを選ぶのが難しくなるアラサー世代。ドレス選びのポイントをおさえて、自分をより素敵に魅せるドレスを選べるようになりましょう。ドレス選びでは、豊富なデザインやカラーから選べるレンタルドレスを利用する人も増えています。レンタルドレスであれば、その都度レンタルするため、今の自分に合ったドレスを選ぶことができます。

年齢に合ったパーティードレスコーディネート

ドレス選びは、年齢だけでなく会場によっても選び方が異なってきます。自分が出席する結婚式のスタイルに合わせて、ワンランク上のコーディネートを楽しみましょう。

会場によってコーディネートを変えよう

カジュアルなレストランウェディングや二次会
新郎新婦が指定するドレスコードにもよりますが、レストランウェディングや二次会への出席であれば、少しカジュアルなドレスアップも可能です。またワンピースやスカートではなく、パンツスタイルに挑戦してみるのも素敵です。パンツスタイルといっても、パンツスーツのようなかっちりしたものではなく、とろみ素材のワイドパンツにレースブラウスなどを選ぶとオシャレです。カジュアルすぎると普段着のようになってしまうので、とろみ素材やレースなど少しドレッシーな素材を選ぶといいでしょう。また、アクセサリーをつけると一気にフォーマルな雰囲気になります。バッグは、通常のドレスと一緒で小ぶりのバッグを持ちましょう。パンツスタイルであれば、ほどよくカジュアルでおしゃれなクラッチバッグがおすすめです。
ベーシックな結婚式場
ベーシックな結婚式場の場合は、基本的には膝が隠れる丈のワンピースを選べば問題ありません。アラサー女子であれば、コクーンシルエットのワンピースがおすすめです。ウエストマークしているプリンセスラインのドレスやティアードタイプのドレスは可愛すぎてしまい、アラサー女子には合いません。かといって、Aラインのワンピースとストールというスタイルではやや地味な印象になりがちです。そんな時こそ、コクーンシルエットのワンピースで周りと差をつけましょう。ノースリーブではなく、程よい半袖タイプを選んで、ストールやボレロは使わずにワンピースを主役にしましょう。コクーンシルエットであれば、程よく体型も隠せ、デザイン性もありオシャレです。色は、ブラックやネイビーのような定番のダーク色よりは、スモーキーブルーやスモーキーピンクなどニュアンスのある大人色がおすすめです。
格式の高いホテルや神社、教会での挙式
よりフォーマル感が求められる格式の高いホテルや神社、教会での挙式の場合は、肩の出ないワンピーススタイルを選びましょう。中でもおすすめなのが、ワンピースの上に、ストールやボレロではなくジャケットを着用するスタイルです。かっちりとしたスーツのジャケットは避け、ノーカラーのジャケットなどデザイン性のあるものを選ぶとオシャレです。ジャケットと合わせるなら、ドレスはシフォン素材など軽めの素材を選びましょう。ウエストをラウンジングしたデザインやリボンでウエストマークしているドレスを選ぶと大人っぽくスタイルよく着こなせます。

同じドレスでも小物でガラリと印象が変わる

ネックレスで胸元の印象を変える
実は、ドレスアップで重要なのがアクセサリー選びです。同じドレスを着ていても、ネックレスひとつで印象はがらりと変わってしまいます。なんだか毎回同じ印象になってしまうと思っている人はアクセサリーを変えてみるのもひとつの方法です。たとえば、ショートネックレスとロングネックレスだけでも印象が変わります。ショートネックレスは、コンサバティブな印象が出やすく、結婚式のドレスアップでもよく使われます。よりドレッシーな印象にしたい場合はショートネックレスを選ぶといいでしょう。ロングネックレスは、柔らかい雰囲気が出せ、顔や首元から目線をそらすことで、年齢による肌のくすみ対策にもなります。
バッグやショールも有効!
ドレスの印象を変えるものとして、バッグやショールも重要なアイテムです。パーティーバッグにもクラッチバッグやハンドバッグなど種類があり、素材によっても印象が変わります。サテンやオーガンジーを使ったバッグで大人っぽく上品さを出すこともできますし、パールやビーズ使いで華やかさをプラスすることもできます。また、ショールにも種類があり、シンプルなオーガンジーのものから、ラメが入ったタイプ、フリルデザインがついたものやビーズやパールが散りばめられたものもあります。基本はドレスに合わせてバッグやショールを選びますが、アラサー女子が選ぶシンプル大人ドレスを着る場合は、小物使いで周りと差をつけるのがポイントです。アラサーのドレス選びで注意したい、リボンモチーフやフリルデザインもバッグなどの小物であれば取り入れてもイタくなりません。可愛いもの好きのアラサーはバッグなどの小物で可愛さを出すといいでしょう。
価格.com

大人の雰囲気がある
ロングドレス
を販売しています!演奏会などのイベントで着用しませんか?

結婚式のゲストドレス選びでは、年齢だけでなく会場の雰囲気に合わせてコーディネートするのがオシャレ上級者です。小物も上手に取り入れて、周りと差がつくドレススタイルを完成させましょう。

TOPボタン